理 学 療 法
理学療法とは

 理学療法・physical therapyは、身体に障害を有する人に、寝返りや起き上がり、歩くといった基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化を予防するため次のような療法を行います。


運動療法
 身体運動を通じて身体の諸気管の機能を維持・改善することを目的とし、患者の運動そのものをエネルギーとして治療に利用するという自動的な治療法です。


物理療法
 
物理的エネルギー(熱・水・光・電気・徒手)を疼痛の緩和、循環の改善、リラクセーションの目的で使用する療法をいい、それぞれ温熱療法・光線療法・電気療法・マッサージ・寒冷療法に分類されています。
患者の動き(movement)のない、他動的な治療法です。


日常生活動作練習
 運動を実際の生活の中で「目的動作」として使用する訓練です。生活に必要な身の回りの動作(例えば食事・更衣・排泄・入浴)などを実際に訓練します。機能障害を有する患者の能力に応じて効果的に動作ができるようにします。


その他の理学療法士の役割
 病院を中心に地域や介護する家族への指導(住宅改修への助言・デイケア・訪問リハなど)、地域住民を対象とした健康教室の開催や予防医学に対しての助言など、幅広い範囲で活躍しています。

 理学療法では、以上のような方法を用いて社会生活への復帰を手助けします。

 このような内容の理学療法を専門的に行っているのが理学療法士・physical therapistです。理学療法士は、医師をはじめ、多くの専門職種がリハビリテーションチームを組んで患者に関わっており、チームスタッフの一員として活躍しています。