いこいの家 鳴山荘 通所リハビリテーションセンター ステップ


理学療法士としての役割


 新規利用者様が参加される場合は、まず家庭訪問を実施し、環境因子・背景因子・個人因子の確認を行います。その結果をケアスタッフに伝達し、介助方法の検討を行い、誰が行っても同じケアが出来るように取り組んでいます。

 リハビリにおいては、機能訓練のみでなく入浴動作訓練(清拭動作・更衣動作等)・食事動作訓練・排泄動作訓練等の諸ADL訓練を実施しています。この訓練は、実際の生活を想定して行います。また、パワーリハビリテーションの実施や家庭で出来る自己プログラムの指導、またPTによる送迎の参加も実施しております。これからも各個人に合わせたリハプログラムを生活の中に組み込む形で取り組みます。