言語療法


言語療法とは

ことばや聴こえなどのコミュニケーションに障害がある方や食べることに障害のある方に対して「自分らしい生活」を構築できるよう、専門的な立場から助言・支援を行います。

また、ご家族や周囲の方にも相談、助言などのサービスを提供します。


言語聴覚療法の対象


 コミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。
 当院では失語症、構音障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下障害、言語発達遅滞、聴覚障害を対象として訓練を行っています。


言語聴覚療法の実際
  • 失語症
     脳卒中や交通事故により、「聴く・話す・読む・書く・計算する」ことが困難になる場合があります。思ったことばがなかなか言えない、間違ったことばを言ってしまう、周りの人のことばが理解できないなどの症状を呈します。そのような方達にコミュニケーションや言語機能の回復を援助します。
  • 運動障害性構音障害
     脳卒中や神経の変性疾患などで、舌や口唇などの発声発語器官に麻痺や異常運動が起きると、声質の異常や構音、声の大きさの異常、話す速度の低下などがおこります。そのような方達に機能回復訓練や代替手段獲得のための援助を行ないます。
  • 高次脳機能障害
     脳卒中や交通事故などで脳に損傷を負うと遂行障害、失行、失認、記憶障害といった特有の症状を呈することがあります。 そのような脳レベルでの障害を検査により評価し、訓練を行います。
  • 摂食・嚥下障害
    脳卒中や神経疾患、老化などで食べる事や、飲み込む事に障害が出る事があります。レントゲン透視下で舌や喉などの動きを調べるVF検査を行い、何が原因かを評価します。そして、食べやすい食事の形態から摂食訓練を行います。
  • 言語発達遅滞
    ことばが増えない、友達とうまく遊べない、発音がおかしい等、コミュニケーションに障害があるお子さんに対して個別の検査を実施し、一人一人に合わせた指導や助言を行います。お子さんのコミュニケーション能力を育み、豊かな日常生活が送れるように援助します。
  • 聴覚障害
    聴こえが悪い場合に聴力検査を行い、耳鼻科医や補聴器業者と連携して補聴器の作製を援助しています。また、既に補聴器を使用されている場合はその補聴器が適合しているかの調査、調整を行います。