作業療法


作業療法とは
リハビリテーションでは障害を持った人が人間として充実した生活ができるよう、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的機能を最大限に回復させる為、いろいろな職種の人々が働きかけます。その中で、作業療法では主体的な生活の獲得をはかる為、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。


作業活動とは

日常生活の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の『作業活動』と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。作業=仕事と考えがちですが、作業療法で用いる作業活動は障害を持った人に合わせて選択しています。


当院における作業活動・作業療法
@ 日常生活動作(ADL)訓練

 病気やけがにより手足に麻痺・筋力低下など後遺した場合、食事・衣服の着替え・お風呂・トイレ・身だしなみ・歩行などの生活動作や、起き上がり・立ち上がりなどの基本動作にさまざまな支障をきたします。そのような動作を患者様と一緒に練習を行い、できるだけ自立した生活を送っていただけるよう支援します。
  当院では、生活の流れに合わせて実際の生活の場所・時間でリハビリを行う『モーニングリハ』を実施しています。(例 ベッドから起き上がり→身支度を整え→食堂まで移動する…など)
  将来よりよく生活を送っていただく為に、買い物・洗濯・電話・薬の管理・公共交通機関の利用などの日常生活関連動作(I ADL)も実施しています。日常生活上の複雑な動作を、患者様・ご家族さま・多職種と共に協力し、家庭・社会への復帰を目指しています。
A 上肢機能の運動

 上肢は生活を行う為に重要な役割を果たしています。(例 手を伸ばす、引き寄せる、物をつかむ、つまむ、はなす、投げる、触る…など)
  病気やけがにより上肢機能が低下し生活に支障をきたした時には、さまざまな状態を検査・評価し、治療目的に合わせて作業活動を選択し、上肢の機能回復や動作の再獲得を支援します。
B 作品作り

 治療の1つの手段として手工芸を用いる事があります。手工芸は患者様の治療目的や個性に合わせて選択します。作品をつくる工程の中には、手先の運動などの身体機能トレーニングと共に、作品を完成させる達成感など心理面にもさまざまな効果があります。
  当院では、完成作品を夏まつりへ展示したり、地域で開催される作品展へ出展もしています。作品をご家族さまやご友人、地域の方々に見ていただく事が患者様の喜びや生きがいにつながり、社会とのコミュニケーションを広げるきっかけ作りにもなっています。
C 自助具の作成・提案
 障害により困難となったさまざまな生活場面で、患者様自身が自立して諸動作が行うことができるよう、生活用品の改良や自助具のご提案を行っています。(※自助具とは、より豊かな生活を送るために使用する、自らを助ける道具のことです。)
D 集団でのレクリエーション(集団訓練)

 患者様の状態に合った車椅子の選択を行います。快適・機能的に車椅子を使用していただけるよう背もたれやフットレスト(足置き)などの調整も行います。また、必要に応じて車椅子クッションなどの適合を行い、フォローアップも行っています。
 
E 家屋改造への助言・指導

 退院前にご自宅訪問を行い、日常生活が行いやすいよう、家屋改修や福祉用具について助言を行います。(例 玄関へのアプローチ、手すりの設置、段差解消、ベッド周辺の環境整備…など)