1病棟

1病棟

 1病棟は、医療保険の一般病棟です。1病棟は、アセスメントユニットの役割があります。入院される患者様はまず、1病棟に入院します。そして、患者様の病状安定化を図ります。また、患者様ご自身・ご家族様のご希望を伺い、入院の際は早期に医師・看護師・他職種が集まり入院時カンファレンスを行います。そして治療方針や今後の方向性を決定し、回復期病棟・医療療養病棟・当院併設老人保健施設・在宅への検討を行っています。
また、 入院後、早期に医師からリハ処方箋を出され、1病棟担当リハスタッフが対応しています。そのため、早期から患者様の身体機能面の回復・能力向上のきっかけに係わらせていただいております。
それに加え、回復期病棟・医療療養病棟・介護療養病棟・老人保健施設で様々な理由により状態が悪くなられた患者様も1病棟へ転棟・入院されてきます。そして集中的な治療・看護を行い、状態が落ち着かれたら今後の方向性が決定されます。治療により状態が落ち着かれても、身体機能・能力が低下されている場合があります。その場合も入院患者様と同じように医師からリハビリ処方箋が出され、二次的な合併症を予防するため、主にベッドサイドからのリハビリを開始させていただいております。