施設紹介

1病棟・2西病棟2東病棟3東病棟

介護老人保健施設「いこいの家・鳴山荘」通所リハビリテーションセンター「ステップ」

やまかみ訪問看護ステーション

1病棟・2西病棟(医療療養病棟 40床と51床)

 医療保険適用の療養病棟で、気管切開・胃ろう造設・麻痺等医療区分の高い方が入院されています。適切なケアの提供と共に、長期入院に対しても、潤いのある入院生活を送って頂けるように力をそそいでいます。
また、褥瘡発生ゼロをめざして予防に取り組み、大きな成果をあげています。





2東病棟(回復期リハビリテーション病棟 30床)
 在宅復帰を目指した生活リハビリテーションを中心に、リハビリテーション科のスタッフと力を合わせ、患者様個人個人の残された機能へのアプローチと、獲得すべき機能へのプログラムを患者様と共に考え、計画実施しています。
「歩けた」 「トイレにいけた」 患者さまの声が私たちの喜びです




3東病棟(介護療養病棟 60床)

 介護保険適用の療養病棟で、麻痺・認知症等日常生活動作に介助が必要な方が入院されています。リハビリテーション科のスタッフと共に、在宅復帰を目指したケアを提供しています。療養生活への取り組みとして、季節の行事・お誕生会等を開催し生活感の工夫をしています。又、化粧・回想法・カラオケ・踊りと多くの取り組みが計画されています。
特に化粧については平成4年から取り組み、患者・利用者さまから好評を得ています。




介護老人保健施設「いこいの家・鳴山荘」 (69床)
 介護保険で介護認定1以上の方が入所されています。家庭復帰のために生活リハビリに力を注ぎ、ゲーム、買い物ツワー、お花見等季節の行事も取り入れ、家庭での生活により近くと心がけています。もちろん、化粧・お誕生会・カラオケ等も盛んで、楽しみにされています。
短期入所ご希望の方も多く、職員と共に楽しく過ごして頂いています。




鳴山荘 通所リハビリテーション「ステップ」 (80人)
 個別リハビリを始め、集団でのゲーム等で機能の維持・回復を目指しています。
特に5階食堂では、海に浮かぶ淡路島や大鳴門橋を眺めながらお食事をして頂き、 趣を変える四季折々の景色もごちそうの一つとなっています。
心待ちにして頂いている利用者さまにお会いできることを楽しみに、スタッフは車を走らせ送迎をしております。

写真はリハビリクッキングの様子で、料理方法の説明をしています。



やまかみ訪問看護ステーション
 ご自宅で看護・介護・リハビリを必要とされる方のため、看護師と理学療法士などのリハビリテーション科の職員がいます。介護支援専門員(ケアマネジャー)と相談しながら、適切な看護・介護とリハビリのご提供のため、利用者さまのご自宅からご自宅へと 「元気と明るさ」 をお共にお伺いしております。
看護・介護・リハビリについてのご相談や、その他のことについても24時間体制で対応しています。

戻る